comming - 近日開業<2022年8月 1日予定>

MIMARU東京ステーション イースト / MIMARU Tokyo station East

東京駅徒歩圏内の新築アパートメントホテル
 直近の施設更新: 2022年08月01日   建物落成: 2022年   創業: 2022年   確認: 2022年7月18日 
  • 東京メトロ日比谷線とJR京葉線が交わる「八丁堀」駅徒歩3分、日比谷線が東西線と交わる「茅場町」駅徒歩5分ほど。どちらでも日比谷線の出入り口にはとても近く、接続する他路線は少し遠い。名前の通りというか、広い意味では東京駅徒歩圏内にあり、ほぼ隣接する「ホテルサードニクス東京」前の「八重洲通り」を西に直進すれば(近いとはいえないが)東京駅の八重洲中央口の正面に出ることができる。
  • ミニキッチンを備えたツインルーム、2段ベッドルーム、家族やグループでの宿泊に特化した「ツインベッドルーム×2部屋+居間(41㎡)」など、2~6人ぐらいのグループでの連泊に適した客室構成が特長。
  • チェックイン15:00~ チェックアウト~11:00。
  • 混同注意:徒歩1分程度の場所(ホテル前の新大橋通りを渡った西側少し奥)に姉妹店「MIMARU東京 八丁堀」が既存。八丁堀駅至近なのに名前が八丁堀ではないのはこの店舗との区別だろうと推察される。
  • 東側を南北に流れる川(水路)は「亀島川」。上流は「日本橋川」、さらに上流で「神田川」と、下流は「隅田川」に合流している。
  • 土地の来歴:ホテルが建つ前は平屋建てのファミリーレストラン「ジョナサン八丁堀店」があった。
  • 土地の来歴:江戸時代には「八丁堀水谷町」、明治期には「水谷町」と称した。関東大震災以後は八丁堀一丁目に統合・編入、そのまま現在に至っている。
  • 建築時の建物諸元:
    届出日 2020/01/17
    件名 (仮称)八丁堀一丁目計画
    地名地番 東京都中央区八丁堀1-1-1ほか
    住居表示 東京都中央区八丁堀1-12
    主要用途 ホテル
    工事種別 新築
    構造 鉄骨造
    基礎 杭基礎
    階数(地上) 14 階
    延床面積 5800 ㎡
    建築面積 512 ㎡
    敷地面積 611.82 ㎡
    建築主 東急不動産株式会社住宅事業ユニット首都圏住宅事業本部
    設計者 日本国土開発株式会社一級建築士事務所
    施工者 日本国土開発株式会社東京支店
    着工 2020/05/18
    完成 2021/12/25
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼
 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)