116年ほど前に開業した施設です。

鳳明館(本館/台町別館) / Houmeikan

「有形文化財」の称号を得た本郷の日本旅館
鳳明館
link to - るるぶ
本館24室 台町別館30室
 直近の施設更新: 1960年12月31日   建物落成: 1905年   創業: 1905年   確認: 2017年11月26日 
鳳明館
  • 複数の木造建築から成る旅館で、本館は国の登録有形文化財となっている。いわば旅館そのものが名所。
  • すべて和室で本館24室、台町別館30室、森川別館33室。
  • 「鳳明館」本館は、本郷の学生下宿街の一角、昼間でも大して人通りのない狭い裏通りに面して建つオール木造の和風旅館。
     見た目の風情はとりたてて「高級旅館」という感じではないが、実は空襲をあやうく免れた戦前(明治末期)からの建物で、門柱横の壁にうめこまれたブロンズの銘板には「登録有形文化財」と表記されており、つまり建物それ自体が現在では文化庁お墨付きの「名所」。この指定を受けた建物で営業している宿泊施設は都内では唯一。
  • 戦前の開業当初は学生下宿だったそうで、それを戦後本格的な旅館に改造して現在に至っているようだ。
  • すぐ隣の「台町」、および本郷通りに近い「森川」の2つの別館は、昭和20~30年代に当初から旅館として建てられたもの。「普請マニア」だった当主の趣味で、贅を尽くした作りの部分が多い。
  • と、このへんまでは雑誌「東京人」(都市出版/月刊)1999年9月号に載っていた記事(集合住宅物語18「鳳明館」文・植田実)からの受け売りだが、じつは筆者は1960年代の終わりごろ、中学校の修学旅行でこの旅館に泊まったことがある。あとで(たぶん)美術の時間にこの旅館前の風景を絵に描いたことなどから、旅館の名前も鮮明に記憶していた。
    2003年、実に35年ぶりで同じ旅館を訪れて(単に前を通りかかっただけだが)写真を撮ってきたのだが、旅館の看板が中学生時代の記憶とまったく同じで、それはもう、それだけで感動ものだった。
  • 自分自身が体験したとおり、この旅館、一時期もっぱら修学旅行客など団体利用中心だったようだが、今では時代に応じてサービス内容も変化し、家族や少人数グループ、あるいは「日本らしい宿」を求める海外客などの利用が増えていると聞く。BR>
  • 周辺環境は、常套句になるけれど「閑静」そのもの。とくに本館・台町別館は大通りから離れているうえ、なにしろ文京地区の真っ只中・東京大学のお膝元。通りに出ても、夜中に騒がしくなるような系統の店は見当たらない。というか、そもそも風俗営業は禁止、夜中までやっているのはコンビニだけだそうだ。
  • そんなわけで、都心の高級シティホテルのような意味での「快適さ」をこの旅館に求めるのは当然ムリがあるし、「高級」和風旅館というわけでもないが、個人的な思い入れ分を割り引いても、やはりここは「東京を代表する宿泊施設のひとつ」といってよいんではないかと思う。

手前が台町別館、道をはさんだ向こう側が本館
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
  • クラウドファンディング> 林家しん平師匠脚本監督・落語映画~6/30 都内の「寄席」に支援をヨセて!~6/30
  • エキストラ> update 白石和彌監督新作~7/6@東京・栃木 Netflix「サンクチュアリ-聖域-」~8月@川崎ほか首都圏