開業82年めの施設です。
12年前にリニューアルされています。

第一ホテル東京 / Dai-ichi Hotel Tokyo

「エレガンス&エクセレンス」な老舗ホテル
 直近の施設更新: 2008年12月31日   建物落成: 1993年   創業: 1938年   確認: 2019年3月28日 
  • 新橋駅徒歩3分、日比谷や銀座にもほど近い一等地にそびえる「第一ホテル」ブランドのフラッグシップホテル。客室は9階~18階。
  • 全室インターネット対応、無料。
  • [トレインビュー]新橋駅の少し北側の線路際に立つ高層ホテルとあって、「新幹線が見える部屋確約プラン」を提供している。
  • 駐車場74台、1泊1500円
  • 1938年「第一ホテル」として創業。当時東洋最大の客室数626室、日本初の全館冷暖房完備。
    1945年からおよそ10年は米軍に接収され、連合軍の将校宿舎とされていたが、1956年に返還されて営業再開。1960年新館オープン、以降もとの建物は「新橋第一ホテル本館」となる。現在の建物は1993年オープン。同時に「第一ホテル東京」に改称。2008年に大規模改装されている。
  • 敷地はもと江戸城のお堀で、明治時代にもずっと堀だった。ホテルの正面の幅はそっくりそのまま当時の堀の幅に一致しており、ホテル前の道は当時「幸橋」という橋があった位置。
  • ほぼ隣接して「第一ホテルアネックス」があるが、住所は千代田区。
第一ホテル東京(本館)全景
 東側から見た外観。いかにも「高級シティホテル」然としていてカッコいい。客室の窓は右側と左側に並んでおり、右(北)は皇居や東京駅方面。左(南)は東京タワー方面などが一望できる。
相鉄フレッサイン新橋(仮)と、隣接する2つの「第一ホテル」
相鉄フレッサイン新橋(仮)と、隣接する2つの「第一ホテル」
SL広場の北、外堀通りの交差点から北方の眺め。
高くそびえるベージュの建物が「第一ホテル東京」。
この交差点の地下に銀座線の新橋駅があり、第一ホテルまでは地下道で直結している。
奥のかっちりしたグレーのビルは「第一ホテル アネックス」。
なお、赤信号の下の白い工事囲いの部分は2012年末オープン予定の「相鉄フレッサイン新橋(仮称)」の建設現場。工事が進むと、この角度からは第一ホテル東京はちょっと見づらくなりそうだ。
撮影:2011/11
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
GO!