開業17年めの施設です。

セレスティンホテル / Celestine Hotel

東京駅八重洲口のホテルがルーツ
 創業: 2002年   確認: 2016年12月19日 
  • 都営地下鉄三田線「芝公園」徒歩1分、浅草線「三田」駅徒歩3分、JR田町駅から徒歩7分程度。NEC本社近く。
  • シングルルームでも19㎡のゆったり空間。ダブルルームが146室と最大勢力。
  • 駐車場台数30台、宿泊者一泊1,500円
  • 経営主体は、かつて東京駅八重洲口前でホテルを持っていた旧「国際観光会館」。東京と三田、2つの再開発地区にまたがる三井不動産との取引の結果として、八重洲のホテル代替施設としてセレスティンホテルが誕生した。、現在の社名はホテルと同じ「株式会社セレスティンホテル」。その後三井不動産の100%子会社となっている。
  • 店名の語源:セレスティン(celestine)は、美しい空色の結晶をなす鉱物。和名「天青石」。成分は硫酸ストロンチウム。
  • 敷地の来歴:近辺一帯はもと薩摩藩中屋敷。NHK大河ドラマで一躍有名になった「篤姫」が江戸入りして最初に過ごした地であり、慶応3年(1867年)12月25日にここで起きた旧幕府軍による焼き討ち(薩摩藩が江戸市中であえて騒乱を起こして挑発した)は、戊辰戦争の先駆けとなった事件として有名。
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
GO!