「日本橋北詰~両国橋西詰」の宿泊施設一覧

▲(5/1~31臨時休館)繊維問屋街ゾーンに位置する朝食付きビジネスホテル
▲両国橋に最も近い宿泊施設。復興庁と連携して外国人の東北観光誘客を目指す
▲SFチックなカプセルスタイルのホステル
▲活気のある衣料問屋街の駅前に立地

link to - じゃらんnet
21室(内和室5)
▲繊維問屋街の格安ホテル
▲繊維問屋街真っただ中に立つ界隈最大のアパホテル
▲ラウンジの囲炉裏とキッチンがシンボル
▲スタイリッシュな「コンパクトホテル」が日本橋横山町に進出
▲2015年12月25日開業、繊維問屋街のカプセル&ホステル
▲日本橋人形町界隈で「暮らす」がコンセプトの長期滞在対応ホテル
▲足回り良好、ただし「日本橋」駅には遠い日本橋地区の東横イン。
▲「大伝馬町」に位置するアパホテル
▲カフェバー一体型ゲストハウス。「日本を最高に楽しみたい旅人」が集まる宿。
▲馬喰町交差点すぐ、全室シモンズベッド完備の新築ビジネスホテル
▲JR「馬喰町」4番出口からすぐ、セブンイレブンが目印
▲2015年に引退した夜行寝台列車「北斗星」のパーツを活用したホステル
旧・ホテル日本橋ヴィラ
photo by Author
181室
 
  • 現況についてはDDD Hotelを参照してください。
▲現在はDDD Hotelに改称。男性用カプセルもある界隈の古株ビジネスホテル

by 楽天トラベル
全122室(183ベッド)
▲浅草橋問屋街近く、ホテルのありかたの再定義を目指すデザイナーズホテル
▲駐車場30台分確保。アキバ徒歩圏「浅草橋交差点」そばの東横イン
▲江戸文化の「粋」を取り入れたハイスペック系ビジネスホテル。男女別大浴場あり
▲アパでは珍しい「食事提供なし」素泊まり専用ホテル
▲人形町界隈へも気軽に歩いて行けるロケーション
▲かつて運河(堀)の終点あたりだったのが町名の由来
▲江戸と昭和の残香が漂う人形町通り・甘酒横丁の少し北方
▲少し小さめのダブルベッドでそのぶん安いタイプの東横イン
▲広い吹き抜け、荘厳なロビー……ゴージャス感漂う「プレミア」ホテル
▲2020/4、新型コロナウィルス感染者(軽症・無症状)を収容#1
▲安田不動産の「日本橋浜町の街の新拠点」開発プロジェクトの柱となるハイグレード系ホテル
▲松尾芭蕉ゆかりの「新大橋」近くのアパホテル
▲繊維会社が経営するスタイリッシュ指向のビジネスホテル
▲兜町の東京証券取引所から最も近い場所にあるビジネスホテル
▲日本橋エリア中央部:人形町/水天宮前のフレッサイン
▲ペンション感覚のアットホームな都心ホテル[全室禁煙]
▲水天宮前
▲東京シティエアターミナル隣接、日本橋人形町・浜町界隈観光にもぴったりの上級ホテル
▲日本橋川リバーサイドの「格安・国際派」カプセル
▲キッチン付き滞在型ホテル「MIMARU」都内3号店
▲TCATからすぐのスタンダード型ヴィラフォンテーヌ
▲11階だてマンションを改造した(おそらく)ユニークなつくりの小規模ホテル

by 楽天トラベル
144室(男性111女性33)
▲[休業中]
▲優美な清洲橋そばに2018年暮れ開業。評判のいいビジネスホテル

by じゃらんnet
91室(シングル90)
  • 旧・ホテル法華イン東京日本橋(2020/4/1改称)
▲機能的でシンプルが身上のビジネスホテル。2020年4月1日改称。
▲「シームレス傘用生地」の有名メーカーが親会社。全室セミダブルベッド。朝食のかわりにローソン300円券つき
▲人形町近隣、通称「団扇河岸」に立つ高品質ビジネスホテル
▲日本橋本町、ゆったりベッドの長期滞在対応アパートメントホテル
▲落ち着いた裏町にたたずむ明治24年創業の老舗、2020年夏新築再開
  • 南欧料理 オーベルジュ ド ニレーヌ[1F]...ランチは1000円前後で「おっ」と気を引くメニュー多数。
▲落ち着いた裏町にたたずむ明治24年創業の老舗
▲旧「伝馬町牢屋敷」すぐ前、1階共有スペースを畳敷きにした和テイストの国際ホステル。
▲日本橋三井本館に隣接する高層・高級ホテル
▲常盤橋の日銀本店そば、日本橋川のほとり。都心一等地の新築ビジネスホテル
▲馬喰町と岩本町の中間あたり