開業86年めの施設です。
閉店してからおよそ9年になります。

旧・九段会館 / Kudan Kaikan (N/A)

東日本大震災による事故発生のため休業⇒廃業した「九段下のランドマーク」
 終了:2011年頃   創業: 1934年   確認: 2016年7月10日 
  • 九段下交差点そば。瓦屋根をかぶった和洋折衷の不思議な建物は戦前からのもの(昭和9年竣工)。丘の上の日本武道館とともに九段下のランドマークだった。
  • ホテルは別の建物にあり、シングル、ツインに加えて和室も充実していた。
  • 2011年3月11日、東日本大震災により大ホール天井が崩落、 開催されていた「東京観光専門学校」の卒業式出席者から2名の死者と34名の重軽傷者が出て営業休止、 そのまま同年4月12日付で廃止、という結果に至った。 ホテル部分は事故が起きたのは別の建物だったのだが、運命をともにした格好。
  • 敷地は国有地で、日本遺族会に無償貸与されていた。2014年9月時点ではまだ建物はそのままだが、民間企業に土地を貸し付けて解体・高層ビル建築をゆだね、完成したビルの一部を国が遺族会に無償で貸して遺族会事務所にあてる計画が進行中。
  • 2016年7月現在、日本遺族会の事務所は九段会館近隣の「千代田会館」(九段南1-6-17)に入居中。 「靖国な宿に泊まって古本屋街をあさる」(東京ディープな宿の見出しから)
  • 隣接する九段会館大ホール(1112人収容)のクラシックな内装は一軒の価値あり。映画『ALWAYS続・三丁目の夕日』『クローズド・ノート』などでもロケに使われた。
  • 屋上、緑のビアガーデン「麦酒友達(ビアフレンズ)」を5月~9月下旬まで営業。期間中無休。
  • このホテルが詳しく紹介されている資料書籍
    クラシックホテル案内 甲斐みのり著 by ベストセラーズ (2007/03)
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)