7年ほど前に開業した施設です。
Renewal - 今年リニューアル開業<2022年3月 1日>

はなれ 萩荘 / hanare - HAGISO

谷中の町全体をホテルに見立てたユニークなコンセプトのホテル
 直近の施設更新: 2022年03月01日   創業: 2015年   確認: 2022年6月11日 
  • コロナ禍による宿泊予約減少のため、2021年9月5日に「当面の休業」を決定。とはいえ営業再開への意思は強く、2022年3月より再開にこぎつけた。5月からは「ウィークリーSTAY」プランの受付を開始している。
  • 「まち全体を一つの大きなホテルに見立て、地域と一体になったホテル」を標榜。大浴場はまちの銭湯、ダイニングはまちの食堂やレストラン、レンタサイクルは自転車屋さん......などなど、「歩いてすぐのところにいろんなお店、いろんなサービスがある」下町ならではの環境を生かしたコンセプトを貫いている。
  • 建物全体は、もとは「萩荘」という築60年の木造アパートだったものを改装、全体として「HAGISO」を名乗るミニ文化施設になっており、1階に「HAGI CAFE」・アート展示空間「HAGI ART」・多目的スペース「HAGI ROOM」が、2階に一級建築士事務所「HAGI STUDIO」と宿泊施設「hanare」が同居している。
  • 宿泊受付はその「HAGISO」2階のレセプションだが、宿泊場所は数10m「離れ」た別の木造アパート「丸越荘」。1階に2室、2階に3室。両階にトイレ、1階にシャワールームがあるが、宿泊者には近隣の銭湯のチケットが配布され、実質は銭湯をホテルの大浴場として使うことができる。
  • 朝食は母屋「HAGISO」1階のカフェで提供される。
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
内田英治監督映画~7月@東京・宇都宮ほか