12年ほど前に開業した施設です。
閉店してからおよそ2年になります。

旧・カプセルホテル&サウナ ノーブル / Capsule Hotel&Sauna Noble (N/A)

千葉駅5分、女性可、超エコノミーな人気カプセルホテルだった
 終了:2020年頃   直近の施設更新: 2010年10月31日   建物落成: 2001年   創業: 2010年   確認: 2021年1月21日 
chiba_noble201605a.JPG
表通りからは小川をはさんで奥まった位置にある。手前の工事フェンスの部分がその小川を渡る橋。ホテルフロントは正面の階段を上がった2階。
撮影:2016年5月
  • JR千葉駅徒歩7分のカプセルホテル。「漫画喫茶よりも安い」がキャッチフレーズ。
  • 3階部分18ルームは女性専用フロア。女性の入浴はミストサウナとシャワールームが用意されている。
  • 4~5階が男性専用フロア。入浴は2階の大浴場。
  • 料金は「時間制」(下記)で、夜中から明け方までの仮眠利用なら1000円で済んでしまうという素晴らしいシステム。
    6時間:1,000円/12時間:2,000円/24時間:3,000円/7日間利用:18,000円
  • 1階大広間に食事コーナーあり。モーニングセット(パン2個+ドリンク1杯)250円、カレー450円などなど。
  • 2020年10月30日21:00をもって営業終了。以下は営業時点での説明を残しています。
  • 2001年11月「カプセルホテルヤマノ」としてオープン。後「カプセルホテル フレスイン千葉栄町」となる(時期不明)。2009年5月に再度経営者が変わって?錦糸町の「ニューウイング」の系列となり、「ニューウイング千葉店」を名乗るようになった。
    2010年春の時点では一度すべての予約サイトから消滅したが、2010年12月、「カプセルホテル ノーブル」として楽天トラベルに掲載復活。
    この時点では渋谷区幡ヶ谷の「ホテルノーブル」の系列という位置づけとなっていたが、その「ホテルノーブル」は2017年に「西新宿グリーンホテル」に改称しており、結果的にこちらだけが「ノーブル」の名前を引き継いでいた。2020年10月30日21:00をもって営業終了。
  • 2021年、「カプセルホテル ふらる」の名で営業復活。
chiba_noble201605b.JPG
千葉駅方面側から見た場合、一つ手前の「いかにも」なラブホテルが目印。
撮影:2016年5月
長らく壁面が暗めのグレーだったが、閉店間近な時期は塗り替えで白いビルになっていた。↓
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼
 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)