記事日付:

終了 * クラウド・ファンディング[~6/30]◆ハートフル娯楽映画『二つ目物語』 制作費を応援
◆異能の噺家・林家しん平が監督・脚本
◆リターン:出資者全員エンドロールにお名前表示◆千社札・絵葉書・手ぬぐい・地域寄席入場券 etc.

<この募集は終了しました>


 映画・映像ジャンルの「クラウド・ファンディング」募集情報をお伝えします。
 1970年代から林家一門の落語家として活躍するかたわら、映画監督・脚本家としても活動する異能の落語家・林家しん平師匠が、落語の「二つ目」を題材にした新作映画の出資者を募集中です。
※リターン(お礼の商品)として「千社札」「手ぬぐい」「色紙」等がもらえるコースがあるほか、経費を除いた全額が支援に充てられる「全力支援コース」も設けられており、金額は3000円から1千万円(!)までそろっています。

<映画・映像・演劇関係のクラウド・ファンディング情報は、当サイトと親和性が高いテーマの一つとして随時お知らせしています>

<関連記事>下記で同じ落語関連のクラウド・ファンディング情報をお伝えしています▽
クラウド・ファンディング[~6/30]◆寄席支援プロジェクト「支援を寄席て」
→上野鈴本演芸場、新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、お江戸上野広小路亭
江戸から続く落語・寄席文化存続を支援


<プロジェクト概要>
初代林家三平入門後、林家しん平は落語以外にも映画監督・脚本家として『落語物語』『深海獣レイゴー』『深海獣雷牙』等を世に送り出しています。
「二つ目」を中心に展開する本作では、前座から二つ目に昇進するまでのまさかの出来事や映像作品ならではのファンタジーな世界、先輩落語家を巻き込んでの恋愛事情をお楽しみください。
監督・脚本:林家しん平
全面協力:古典芸能応援団(㈱AI)、梶原いろは亭(東京都北区上中里3-1-4)
<プロジェクトの企画動機>
映画『落語物語』が公開されたのは2011年3月12日、東日本大震災の翌日のことでした。
あれから10年余りを経て、昨年から現在(2021年)に至るまで、新型コロナウイルス蔓延によって世の中に陰りが見られます。
そんな時代を生きる人々に少しでも明るく楽しく笑って欲しい、という思いで落語の映画『二つ目物語』を制作し、娯楽を取り戻していただきたいと考えました。
この作品でメガホンをとる「林家しん平」は『落語物語』などを演出し、人情映画にも定評があります。
地域の寄席として北区の街に演芸の風を吹き込んできた「梶原いろは亭」は、現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休席していますが、その間も古典芸能応援団(AI)協力により無観客でオンデマンド配信を継続しています。
その三者がタッグを組んで、落語の世界を盛り立てて参ります。
<資金の使い道>
映画制作費、及び、クラウドファンディング手数料として充当。
<出資形態と「リターン」の内容>
●5,000円
・お礼のメール、エンドロールにお名前を表示、『二つ目物語』千社札。
●10,000円
・お礼のメール、エンドロールにお名前を表示、『二つ目物語』千社札、梶原いろは亭(東京都北区)の絵葉書5枚セット、梶原いろは亭の入場券1枚
●20,000円
・お礼のメール、エンドロールにお名前を表示、『二つ目物語』千社札、梶原いろは亭(東京都北区)の絵葉書5枚セット、都電の絵葉書5枚セット、『二つ目物語』の手拭い(デザイン:五明樓玉の輔師匠)、梶原いろは亭の入場券2枚
●30,000円
・お礼のメール、エンドロールにお名前を表示、『二つ目物語』千社札、梶原いろは亭(東京都北区)の絵葉書5枚セット、都電の絵葉書5枚セット、『二つ目物語』の手拭い(デザイン:五明樓玉の輔師匠)、シーンごとの出演者のサイン色紙(ランダム)、梶原いろは亭の入場券3枚
●50,000円
・お礼のメール、エンドロールにお名前を表示、『二つ目物語』千社札、梶原いろは亭(東京都北区)の絵葉書5枚セット、都電の絵葉書5枚セット、『二つ目物語』の手拭い(デザイン:五明樓玉の輔師匠)、シーンごとの出演者のサイン色紙(ランダム)、監督直筆絵コンテのコピー、梶原いろは亭の入場券5枚
●100,000円
・お礼のメール、エンドロールにお名前を表示、『二つ目物語』千社札、梶原いろは亭(東京都北区)の絵葉書5枚セット、都電の絵葉書5枚セット、『二つ目物語』の手拭い(デザイン:五明樓玉の輔師匠)、シーンごとの出演者のサイン色紙(ランダム)、監督直筆絵コンテのコピー、梶原いろは亭の入場券年間パス(1年間有効)
●300,000円
・お礼のメール、エンドロールにお名前を表示、『二つ目物語』千社札、梶原いろは亭(東京都北区)の絵葉書5枚セット、都電の絵葉書5枚セット、『二つ目物語』の手拭い(デザイン:五明樓玉の輔師匠)、シーンごとの出演者のサイン色紙(ランダム)、監督直筆絵コンテのコピー、メイキングDVD-R、梶原いろは亭の入場券年間パス(1年間有効)

応募(出資)/詳細については下記のリンク先でお確かめください▼

<運営人から>
この記事では、クラウド・ファンディングサイト「CAMPFIRE」との提携に基づき、同サイトに掲載されている募集案件をご紹介しています。ご紹介している作品自体の制作関係者とは運営人は直接のかかわりはありません。

<関連記事>下記で同じ落語関連のクラウド・ファンディング情報をお伝えしています▽
クラウド・ファンディング[~6/30]◆寄席支援プロジェクト「支援を寄席て」
→上野鈴本演芸場、新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、お江戸上野広小路亭
江戸から続く落語・寄席文化存続を支援

CAMPFIRE

掲載履歴:
 2021-06-03 12:45 告知開始
 2021-06-30 23:59 クラウドファンディング終了予定日






 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
新着情報は twitterfacebook、およびメルマガ(数日おき)でお知らせ中です▼
メルマガ購読・解除