74年ほど前に開業した施設です。

ファミリー&バックパック東京ホステル / Family & Backpak Tokyo Hostel

「お酉さま」「樋口一葉記念館」至近の外国人向けホステル
 創業: 1947年   確認: 2021年2月21日 
バックパック東京ホステル(ホテルマツシマ)
2012年4月撮影。もとの「ホテル松島」の看板はそのまま残され、軒先に「TOKYO HOSTEL」の行燈がかかっている。
  • 外国人バックパッカーがメインターゲット。洋室、和室、3人部屋などがある。「お酉様」の時期に熊手の市が立つ鷲(おおとり)神社に至近。
  • 最寄駅は東京メトロ日比谷線の三ノ輪。少し先には都電荒川線の始点「三ノ輪橋」駅もある。逆方向にまっすぐ15分ほど行けばつくばエクスプレスの浅草駅を経て繁華な浅草ゾーンに至る。乗合バスも頻繁に走っている。
  • 1947年9月に「松し満(まつしま)旅館」として開業、以来この地で建て替え、改称など時代に即して姿を変えつつ営業している老舗。(現在の建物の建築年数等は不詳)
  • 以前は「HOTEL MATSUSHIMA」(ホテルマツシマ)として楽天トラベルに掲載されていた。2006年~2010年までのどこかの時点で改称したものと推測される。
バックパック東京ホステル(ホテルマツシマ)
2012年4月撮影。交通量の少ない通り沿い。
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)