開業12年めの施設です。
閉店してからおよそ11年になります。

旧・フレイザープレイス・ホフ新宿 / Fraser Place howff Shinjuku (N/A)

現「ハンドレッドステイ東京新宿
 終了:2009年頃   創業: 2008年   確認: 2016年5月 6日 
  • 旧「ホテル海洋」をリプラスというディベロッパーが買い取り、住宅・オフィス・商業・宿泊の複合施設として大幅リニューアルした。ホテルの宴会場等を省いて商業施設や住宅とし、宿泊施設部分は13階から21階まで。建物全体の名称は「ハンドレッドサーカス・イーストタワー」。「ハンドレッド」は所在地=百人町からの命名と思われる。
  • ホテル部分は2008年 3月 1日オープン。シンガポールに本拠をおく「フレイザープレイス」の日本初進出店で、「一流ホテルと同等のサービス+高い居住性を提供する中長期滞在施設=サービスアパートメント」を名乗り、全室(だと思われる)にキッチンや全自動洗濯機などを設備、最狭タイプの部屋でも25㎡のゆったりレイアウトだった。
  • 内装はバブル時代の建築物ならではのゴージャスさと現代的な「クール感」が共存。
  • もともとの運営会社は2008年9月に破産した「(株)リプラス」の子会社「リプラス・ホスピタリティ」。その後も1年ほどそのまま運営されていたようで、トリップアドバイザーには2009年8月までの宿泊者の感想が残っている。その後は営業をやめたらしく、現在は各予約サイトからも情報が消滅している。
  • 隣接する新宿区北新宿3の敷地に引き続き住宅棟(ウエストタワー)が建設され、2008年4月竣工。こちらにもサービスアパートメント200室が入るかたちだったようだ。現在この「ウエストタワー」の建物は高級マンション「タワープレイス新宿」となっている。
  • 2009年11月にその「ウエストタワー」が競売に出され、オリックスが落札したという報道があった。
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)