65年前にリニューアルされています。
閉店してからおよそ6年になります。

旧・太栄館 / Taieikan (N/A)

石川啄木ゆかりの宿。2014年6月までで閉店

by Author
  独自サイト(消滅)http://homepage3.nifty.com/taieikan/
 終了:2014年頃   直近の施設更新: 1955年12月31日   確認: 2016年8月 8日 
太栄館の正面玄関
  • 2014年6月にひっそり閉店。以下は営業当時の説明を残しています▼。
  • 古風だがこぎれいな木造2階だて旅館。大浴場あり。「石川啄木ゆかりの宿」でもある。
玄関わきにあった啄木由縁の碑と説明板。
  • 本郷台地中央部の西のはずれ、言問通りに通じる「新坂」の上に建つ日本旅館。
     狭い路地裏みたいなところに玄関があり、間口は広くないし外観も少々くたびれた感じだが、中は意外に(失礼)広くて立派。2階建て木造だが、鯉が泳ぐ中庭をのぞむモダンな玄関ロビーはかなりひろびろしており、おみやげ売店もある。
     客室(すべて和室)は全52室(12畳の部屋もある)あるほか、会食場(宴会場)は50畳、30畳、20畳の3つ。むろん大浴場も完備している。
     都内ではいまや数少ない「大規模かつ正統派な本格日本旅館」のひとつだといってよいだろう。

     この宿を特徴づける最大のキーワードは「石川啄木ゆかりの宿」という点。
     明治41年、北海道放浪を経て上京間もない啄木は、まず赤心館という下宿に住んだものの、家賃を滞納して出て行かざるを得なくなった。

     このとき、生涯のよき友人でありサポーターであった金田一京助(本人もこの近辺に住んでいた)の世話で、「蓋平館別荘」という下宿屋の3階の三畳半の部屋に移った。
     その「蓋平館」がのち改名したものが今の「太栄館」で、昭和29年までは明治時代の建物で営業していたというが、残念ながら火事で消失。したがって現在の建物は昭和30年以後のものだが、そこから数えても50年の歳月がたっているわけで、外観には独特の重みがある。
  • 石川啄木は蓋平館別荘への入居の際、「部屋から富士が見える」といって大層喜んだそうだ。
     太栄館のわきは「新坂」と呼ばれるかなり急な坂道が西北方向に向かって続いている。つまり建物全体が丘の上にあるわけで、確かに当時はずいぶん眺めがよかっただろうと想像される。
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)