開業99年めの施設です。
79年前にリニューアルされています。
閉店してからおよそ0年になります。

割烹旅館 玉川 / Ryokan Tamagawa (N/A)

大正10年創業・太宰治ゆかりの老舗木造割烹旅館/温泉つき。令和2年4月末閉店
  • 2020年4月30日までで閉店
 終了:2020年頃   直近の施設更新: 1941年12月頃   建物落成: 1921年   創業: 1921年   確認: 2020年5月19日 
  • この旅館は2020年(令和2年)4月末日をもって閉店(廃業)しました。
    報道によれば、ここ数年は同旅館の主力である宴会事業の需要が減少、一方で台風など自然災害の増加により老朽化した建物の維持管理コストが増大。そして2020年3月からは新型コロナウイルス感染拡大で売り上げ半減、4月はほぼ売上ゼロの状態が続いたため、廃業が決断された......とのこと。
    やるせない話ですが、近隣に高層マンションが建設されて風向きが変わったことなども影響したようです。
  • 以下は営業していた時点での説明を残しています▼
    • 大正10年(1921年)創業の老舗割烹旅館。
    • 【文人ゆかりの宿】昭和10年には太宰治が20日間も逗留して小説を書いたことがあったという。
    • 建物は創業当時の面影を残す木造で、2008年4月18日に下記3棟が登録有形文化財となっている。他に1967年築の「はなれ」がある。
      本館...昭和16年(1941)築
      第一別館...昭和3年(1928)/昭和23年(1948)増築
      第二別館...昭和8年(1933)築
    • 客室は伝統的な和式旅館そのもの。1泊朝食付き9,450円~、1泊2食付き13,860円~、素泊り 7,350円。畳の宴会場、古代檜の露天風呂、温泉(湊温泉。船橋・津田沼エリアの宿泊施設ではここだけ)大浴場など、首都圏ながら非常に充実した「旅館の逗留」が味わえる。
    • 平面駐車場20台分。
玉川旅館(2016/9)
堂々とした雰囲気の昭和8年落成「第二別館」。2016年9月撮影
背後のタワーマンションが見た目も邪魔だが、旅館周辺の風向き環境を変えてしまったらしい。
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)