12年ほど前に開業した施設です。

アパホテル<東京潮見駅前> / APA hotel Tokyo Shiomi Ekimae

全室トレインビュー!? 新興ウォーターフロント・タウンの大型アパ
 創業: 2009年   確認: 2016年11月 8日 
アパホテル<潮見駅前>正面外観
  • 東京と舞浜のほぼ中間地点に位置するJR京葉線「潮見」駅徒歩2分。
  • 建物は10階建てで、1階にコンビニとレストラン、客室構成はシングル501、ツイン188、スタッキングトリプルルーム16、スイート1という大所帯。東京ディズニーリゾートやお台場を視野に、ビジネスとリゾート両面での使い勝手を追求。400名収容の宴会場、露天風呂付大浴場完備。
  • [トレインビュー]京葉線、武蔵野線、内房・外房線特急などの電車が行きかう線路沿い窓際の部屋に泊まれる「特別提供トレインビュープラン」あり。

  • 創作ダイニング ラ・ベランダ
    ...朝・昼・ディナーともバイキング。
  • 当初、2007年10月オープンを予定。その後「平成20年夏」に修正、2008年9月現在「2009年7月開業予定」に再修正。名称は「アパホテル<東京潮見>」から微修正、「駅前」がついた。2009年5月下旬、2009年9月17日のオープンが正式決定。
    2008/4/23起工式ニュースリリース(pdf)
  • JR京葉線潮見駅ホーム南東端から目と鼻の先、客室700室以上の規模は都内のアパホテルチェーンでは破格の大規模ぶり。
  • (距離的には近いのだが)いわゆる「都心」からは離れ、しかもウォーターフロント......という立地が貢献して、どの階のどの部屋で窓の外の眺望がきく立地であることが写真からもわかる。
  • 都心でのビジネス用途での宿泊を考えた場合、JR京葉線は東京駅が終点でしかも他線との乗換えは不便。
    どちらかといえば、電車で一本の東京ディズニーランド、お台場方面(1駅先の新木場で「りんかい線」に乗り換え)などが目的の旅で利用価値の高さが光るホテルといえるだろう。
撮影:2011/9
京葉線潮見駅から見たアパホテル<潮見駅前>
  • 写真下:東南側から京葉線の線路ごしに見たアパホテル<潮見駅前>。なかなか近代的でイカした風情だ。
    こちら側の窓の眺望も良好なのが見て取れる。いってみれば「全室トレインビュー」「全室から海が見える」と思っておいてよいだろう。
撮影:2011/9
アパホテル<潮見駅前>と京葉線の高架
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
  • クラウドファンディング> 林家しん平師匠脚本監督・落語映画~6/30 都内の「寄席」に支援をヨセて!~6/30
  • エキストラ> update 白石和彌監督新作~7/6@東京・栃木 Netflix「サンクチュアリ-聖域-」~8月@川崎ほか首都圏