18年ほど前に開業した施設です。

旧・相鉄グランドフレッサ品川シーサイド / Sotetsu Grand Fresa Shinagawa Seaside (N/A)

2021年9月末日閉店、「ロワジールホテル品川シーサイド」にリブランド
ホテルサンルート品川シーサイド
link to - るるぶ
300室
  • 旧・ホテルサンルート品川シーサイド ex. Hotel Sunroute Shinagawa Seaside
 終了:2021年頃   直近の施設更新: 2019年02月26日   建物落成: 2004年   創業: 2004年   確認: 2021年10月22日 
  • 2021年9月30日チェックアウトまでで閉店されることがアナウンスされた(2021/04/28)。
    今後については「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社」のホテルとして2021年度中にリブランド開業予定であることがあわせてアナウンスされている。
    2021/4/28付けリリース:ソラーレホテルズが品川の300室ホテルをリブランド。2021年内に開業予定。
  • 2021年10月、新たな店名が「ロワジールホテル 品川シーサイド」であることが判明。公式な発表はないが、求人情報などでは「12月開業」とされている。
  • 以下は「相鉄グランドフレッサ」としての紹介文を保存しています。
    • りんかい線「品川シーサイド」駅が最寄りで、お台場や渋谷、新宿、池袋方面にアプローチしやすい立地。品川駅へは都営バスが頻繁運転されている。
    • 周囲は近代的な複合開発エリア。「品川シーサイド イーストタワー」という名の22階だてビルの16階から上がホテルで、東向きの部屋はオーシャンビューが楽しめる。フロントと宴会場、レストランは16階にまとまっており、15階から下はオフィスフロア。
    • レストラン「旬ダイニング しっぽう」[16F]...東京湾が一望できる和食処。朝はバイキング形式。
    • 地下1Fに24時間対応駐車場15台分。宿泊者1泊1,500円、レストラン利用2,000円以上3時間まで400円。
↓ビル上層階がホテル部分。窓の形状が下のほうと異なるので見分けがつく。
  • 2004年9月27日サンルートホテルズ直営として開業。オープン早々、日経トレンディ2005年5月号「1万円の贅沢ホテルランキング」で1位を獲得した。
  • 2019年2月26日、相鉄グループ内でのリブランド戦略に伴い「相鉄グランドフレッサ品川シーサイド」に改称。
  • 2021年4月現在、建物の所有者は「インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人」。
ホテルサンルート品川シーサイド
撮影:2008/4
  • 窓の配置がちょっと面白いホテル正面外観を東京モノレールの車窓からみたところ。ほとんど目と鼻の先という感じだが、残念ながら付近のモノレールの線路は運河の上(下は水)で、敷地が確保できないせいか駅はない。空港からだと少し浜松町寄りの「天王洲アイル」でりんかい線に乗り換えれば1駅で着く。
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)