開業42年めの施設です。
11年前にリニューアルされています。

ホテルサードニクス東京 / Hotel Sardonyx Tokyo

客室の広さ、居心地良さで高評価な「ビジネスクラス」のビジネスホテル
 直近の施設更新: 2008年04月14日   創業: 1977年   確認: 2016年11月 1日 
  • 東京メトロ日比谷線八丁堀駅北側A4出口から1分。JR京葉線八丁堀駅も至近のためTDLへのアクセスに便利。西へまっすぐ歩けば東京駅八重洲口(近くはないがわかりやすい)。
  • 全室24㎡以上+サータ社製140cm幅以上のゆったりベッド採用。
  • ロイヤルホスト八丁堀店[1F] 八丁堀のグルメ・クーポン情報(hotpepper)
  • 駐車場なし
  • 旧ホリデイイン東京(2002年2月2日改称)。2人泊可能なシングル(セミダブルベッド)、ツイン(セミダブル×2)、ダブル......と、全室2名以上宿泊可能。ビジネスよりはファミリー/熟年カップルなどに向くスタイル。
  • 2007年から休業して完全リニューアル。128⇒135室に若干収容力アップしているが、全室24㎡以上の広さはそのまま。
  • 2008年5月11日、5階客室で40代とみられる男性が硫化水素自殺、従業員2人が病院に運ばれるなどの被害。都内ホテルでの「硫化水素自殺のとばっちり」はペニンシュラに次いで2例目。
    都内の「ホテルサードニクス」姉妹店(リンク先:楽天トラベル)
  • 「八丁堀」交差点のランドマーク的なホテル。かつては建物の外壁の色はブラウンだったが(下の写真参照)、改装後はずっとシャープな印象に変わっている。
  • すぐ目の前は交通量の多い交差点だが、写真奥は運河(亀島川)にかかる亀島橋で、窓からは(部屋によるが)佃島方面が見渡せる(はず)。
  • 写真手前側に直進すると、東京駅八重洲中央口の正面に出る。左は茅場町駅方面、右が八丁堀駅方面。
撮影:2012/2
ホテルサードニクス東京外観
ホテルサードニクス東京外観
  • ホテルの東南方向、この亀島川が隅田川に注ぐ手前にあるレトロな橋「南高橋」からの眺め。中央の赤い橋の奥の茶色い建物が「ホテル サードニクス東京」(2005年当時、建物全体の壁面は赤茶色だった)。
    ホテルの窓辺からは、こういった水辺の風景が(逆方向からだが)楽しめることになる。
    なお、右手の建設中のビルは現在の「ドーミーイン東京八丁堀」。
撮影:2005/6
亀島川河口付近を望む位置にある「ホテル サードニクス東京」
亀島川河口付近を望む位置にある「ホテル サードニクス東京」
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
GO!