開業7年めの施設です。

東横イン 品川駅港南口天王洲 / Toyoko Inn Tokyo Shinagawa-eki Konan-guchi Tennozu

ユニークなオブジェがシンボル、都内のはぶっちぎり最大規模の東横イン。
 創業: 2012年   確認: 2016年11月11日 
toyoko_inn_tennozu201307a.JPG
当初は玄関正面に巨大なゴミ箱風オブジェが設置されていた。天王洲の街づくりコンセプトの一環らしい。
その後(2015年ごろ?)ホテル敷地南端のあまり邪魔にならない(目立たない)位置に移設された模様。
gomibako_201307a.JPG
東横イン玄関正面の「ゴミ箱」オブジェ。作者は三島喜美代さんという国際的に著名なアーティスト(1932~)で、正式作品名「Work 2012」。リアルな中身(ゴミ)は実はすべて陶器でできているらしい。2013年7月撮影。(その後設置位置は変更されています)
tohyoko_inn_tennouzu201605a.JPG
裏手(西側)の立体駐車場の壁には天狗のような力士?の謎の壁画が。とりあえず迫力あり。
  • 従来「第一ホテル 東京シーフォート」だけが立地していた「天王洲アイル」エリアに、ビジネスホテルチェーン東横インが進出。室数741は都内の東横インではぶっちぎりの最大規模。価格は都心部の各店より少し安めに設定されている模様。
  • 最寄り駅は「東京モノレール」と「りんかい線」の天王洲アイル駅。同じ駅名ながら両駅間は少し離れているが、このホテルから行くぶんにはほぼ等距離、徒歩5分ほど。
  • この立地で「品川駅」を名乗るのは本来はちょっと無理があるが、品川駅の「港南口」とホテルとの間には無料送迎バスが運行されている。駅→ホテル15:00~25:00、ホテル→駅6:00~10:30。15分ごと。所要5分~最大15分程度。
  • 建物は13階建て、ロの字型で中央に中庭が設けられている。
  • 駐車場125台分を確保。予約不要1泊1000円(税込)。
  • 朝食無料。近隣には「東京ウォーターフロント」らしさを満喫できる飲食施設がいろいろ。「天王洲アイル」のグルメ・クーポン情報(by hotpepper)
  • モノレール「天王洲アイル」駅の向こう側、シーフォートスクエア内に「天王洲 銀河劇場 icon」がある。
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
GO!