閉店してからおよそ11年になります。

旧・虎ノ門パストラル / Toranomon Pastoral (N/A)

2009年9月30日までで閉店、跡地は森トラスト他が再開発
 終了:2009年頃   確認: 2020年4月 7日 
  • 「東京農林年金会館」として、1968年8月8日「本館」が開業。当時「農林漁業団体職員共済組合」の保有施設。
  • 新館の竣工に伴い1984(昭和59)年、「虎ノ門パストラル」となった。「パストラル」の語源は「田園詩、田園画、牧歌劇」を意味する英語。
  • 2000年に「株式会社パストラル」を設立、財団法人農林年金福祉団から移管。ホテル事業の民営化を進め、以来農村漁村との交流や環境・福祉への配慮などを目的に営業。食にまつわるイベントに力を入れ、「食のパストラル」を打ち出してきた。
  • 2007年9月に競争入札が行われ、周辺に多数のビルを持つ「森トラスト」他2社が共同で落札。同年12月に所有権が移った。契約によりその後2年間営業が継続されていたが、2009年9月30日までで終了。跡地再開発の用途は2011年3月現在「検討中」とのこと。
  • 地下鉄日比谷線神谷町徒歩2分。午後5時~午前1時まで利用可能な共同大浴場があった。
  • 「会館」付属の宿泊施設とあって、200台分という広大な駐車場を持っていた。
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)