開業12年めの施設です。
閉店してからおよそ8年になります。

旧・ヴィラフォンテーヌ六本木アネックス / Hotel Villa Fontaine Roppongi annex (N/A)

元「六本木プリンスホテル」を期間限定でビジネスホテル化
  • 2011年11月20日閉店
 終了:2011年頃   創業: 2007年   確認: 2016年10月29日 
  • 2006年に閉店した旧・六本木プリンスホテルの建物。シティホテル級の部屋の広さはそのまま過剰な設備を省き、「朝食無料」のリーズナブルなビジネスホテルとして再生・運営されていた。
  • 「ANNEX」の名の通り、既存の「ヴィラフォンテーヌ六本木」は通りをはさんですぐ。最寄り駅も同じ南北線「六本木一丁目」駅。1番出口わきのエレベーターが便利。六本木の繁華街にはどちらかというとこのANNEXからのほうが近い。
  • 旧・六本木プリンスホテル(1984年9月27日開業・2006年12月に閉店)の建物。設計者は黒川紀章。中庭のガラス張り温水プールを建物が囲むユニークな構造が開業当時は人気を集めた。
  • 敷地は戦前からあったフィンランド公使館の跡地。
  • 当初のアナウンスでは「周辺地域の一体的な再開発の時期にあわせ、2007年1月29日から900日間限定営業」とされたが、実際には数年遅れて「2011年11月19日宿泊分まででの閉店」となった。
  • 約2年半・900日の予定が結果的に倍の5年間近い営業期間となった「ヴィラフォンテーヌ六本木アネックス」。首都高速都心環状線と渋谷線の分岐点を見下ろす丘の中腹に立つ。設計は故・黒川紀章。
撮影:2011/4
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
GO!