かぷせるイン赤坂  / Capsule Inn Akasaka

TBS本社近くの男性専用カプセル
 確認: 2017年5月15日 
capsule_akasaka201604a.JPG
  • すぐ近くの「マロウドイン赤坂」などを運営する「ホテルマロウド」チェーンの男性専用カプセルホテル。運営主体はタクシーが本業の東都自動車株式会社ホテル事業部。
  • 標準の宿泊料金は3500円だが、予約サイト、もしくは独自サイトからオンライン予約すれば3000円もしくはそれ未満で泊まれる。土日はさらに安いプランも。宿泊なしのバス・サウナのみの利用も可能(1600円)。
  • 利用手順
    ・1階玄関ですぐ靴を脱いで上がり、右手の靴用ロッカーに靴を入れ、スリッパに履き替えてフロントでチェックインする。
    ・ロッカーの鍵が手渡されるので、それを持って6階(ロッカールーム)へ。
    ・鍵と同じ番号のロッカーを開け、タオル・バスタオル・部屋着を取り出す。
    ・部屋着に着替え、ロッカーに自分の荷物と着ていた服を入れて施錠する。
    ・鍵の番号の100の位が階数を表すので、エレベーターで当該の階に移動、鍵と同じ番号のカプセルを探しあてれば、そこが今夜の寝床となる。
    ・カプセルルーム内は静粛&禁煙だが、大半の階のエレベーターホール横に喫煙室があるので、たばこを吸う人はそちらで。携帯で電話するときなどもカプセルルーム外で。
    ・7階にラウンジ、8階が大浴場となっており、チェックアウトまで自由に利用できる。
  • 運営人の宿泊体験記
     2009年某日、近くの某民放のドラマのロケにエキストラ参加した際、前泊でここに泊まらせていただきました。同放送局の社員等が宿直室で泊まりきれない場合の仮宿泊所として宿泊契約が結ばれているようです(以降も2度ほど利用)。
    ・宿泊中は外出が面倒(フロントを通さないと下駄箱から靴を出せない)なので、たとえばコンビニでの買い物などはチェックイン前にあらかじめ済ませておくのがおすすめ。
    ・カプセル内にコンセントがないため携帯の充電が困難(ラウンジなどを探すことになる)。
    ・エレベーターが一基しかなく、タイミングが悪いとかなり待たされる。
     ......などなど、仕様の古さも感じましたが、そういったことも含めて「まあ、こんなもん」ではないでしょうか。
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
GO!