開業17年めの施設です。
5年前にリニューアルされています。

ホテル アジア会館 / Hotel Asia Kaikan

  • レストラン うれしの[1F]...2016年9月に新規開業。佐賀県嬉野市の地名にちなんだ命名で、九州から取り寄せた新鮮野菜をふんだんに使用。朝食はビュッフェ形式。
 直近の施設更新: 2015年10月15日   創業: 2003年   確認: 2017年5月 4日 
ホテル アジア会館の外観
  • 青山一丁目駅(銀座線・半蔵門線・大江戸線)、乃木坂駅(千代田線)からそれぞれ5分、六本木ミッドタウンも徒歩圏内。外国人の利用の多さも特色。標準料金シングル7000円ほど、セミダブルの部屋でも1万円かからない。施設自体は1957年開業の老舗だが、現在の建物(新本館)は2003年7月新築。12年が経過した2015年秋に全面リニューアルされ、シングルルームのベッドは140cm幅のセミダブルに統一されるなど「いま風」の設備環境が整っている。
  • 駐車場13台分あり。
  • このホテルの運営主体は、外務省所管の財団法人アジア会館。「アジア諸国から来邦する技術研修者に対する宿泊施設その他の利便の提供」が主目的だそう。
  • 「会館」の名の通り会議室も充実。2階会議室(A)(B)(C)、1階会議室(D)(E)(F)の合計6室があり、会議、パーティー、展示会、セミナー、スクールなどに利用できる。
  • 六本木交差点に直結する「外苑東通り」から、閑静な「新坂」通りに少し入った坂の中腹にある。利便性と「都心ながら閑静な環境」を兼ね備えた、なかなか魅力的な立地。
  • 坂を降りきった左手はカンボジア大使館がある。
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
GO!