記事日付:

エキストラ募集◆伊参[いさま]映画祭グランプリ受賞シナリオを映画化『なれない二人』東京ロケ
8月上旬@三鷹◆活躍中の俳優&若手芸人参加

 映像制作会社スタジオブルー様からのご依頼により、下記映画のエキストラ募集情報をお知らせします。

伊参(いさま)スタジオ映画祭 上映作品
『なれない二人』
エキストラ募集
 1990年代、群馬県中之条町をメイン舞台とした映画『木を植える男』『八月の暑い空』『月とキャベツ』のヒットや話題性をきっかけに、映画の町・中之条とその中核施設=伊参(いさま)スタジオに注目が集まりました。
 その後2001 年に中之条を母体として、上毛新聞社、中之条町、町内外のボランティアスタッフらが一から手作りで作り上げた、小さな山里の大きな映画祭=それが伊参(いさま)スタジオ映画祭です。
 今回、映画祭のメインイベントであるシナリオ大賞・中編の部で2017年度グランプリを獲得した脚本が映画化されます。
 8月上旬、本作品のロケが東京・三鷹で行われます。
 撮影内容は主人公たちが出演するお笑いライブのシーンで、テレビ・映画で活躍中の俳優・若手芸人が出演します。
 観客役エキストラとして作品にご協力いただける皆さまを広く募集します。ぜひご応募ください。
■作品概要
作品名:映画『なれない二人』
監督/脚本:樋口幸之助
第17回伊参スタジオ映画祭/中編の部 グランプリ作品。
映画祭のメインイベントであるシナリオ大賞・中編の部でグランプリを獲得した脚本です。
出演者:テレビ・映画にて活躍中の俳優、若手芸人。
※情報解禁前のため記載出来ません。撮影日と同時に解禁のため、後日お知らせ出来ます。
撮影日程:2018年7月28日~8月5日を予定
制作会社名:株式会社スタジオブルー
あらすじ:
 会社員の新堂学(23)と相方でフリーターの勝田陽介(24)は、プロのスカウトが見にくる素人お笑いライブへの初出演を翌日に控えている。
 プロへの憧れを持ちながらも、その想いを隠すお笑い好き新堂と、借金に追われ、ライブの優勝賞金だけが目的の勝田
 そんな中、偶然夫のDVから逃げる美人の人妻に出くわした新堂は、なりゆきから彼女を助けてやる事に。
 すっかり恋に落ちた新堂。一旦は彼女を救うためにライブを諦めようとするが、結局彼女は好きな夫の元へ帰る決断をし、新堂も自分の気持ちに嘘をつかずプロを目指す決意をする。
 一方勝田は、借金苦なのに祖父の余命少ない恋人にマッサージチェアをプレゼントすることになってしまう。やむなく店から盗もうとするも思いとどまり、芸人になり稼ぐことを決意する。
 ライブ当日。お互いに起きたトラブルを知る由もない2人だが、それぞれが芸人になる覚悟を決めて舞台に飛び出すのであった。
放映/公開日程
今年11月末に開催される第18回伊参スタジオ映画祭で上映予定。
弊社(スタジオブルー)製作、第15回短編の部大賞作品「正しいバスの見分け方」(出演:中条あやみ、岡山天音、葉山奨之、萩原みのり)と同時上映予定。
その後、群馬県内、都内の映画館での興行、その他の映画祭の出品に向けて準備します。
■募集内容
募集日時
2018年8月1日or3日or4日(4日濃厚)
時間帯
終日
集合場所
三鷹駅(時間は追ってご連絡します)
撮影場所
三鷹駅周辺のスタジオ
撮影内容
主人公たちが出演するお笑いライブのシーン
募集対象
老若男女問わず
衣装
現代の夏服
特典・報酬について
参加いただいた方には記念品を贈呈します。
※お食事の提供はありません。大変恐縮ですが各自ご持参ください。
応募方法
以下のアドレスにメールでお申し込みください。
isama2018@yahoo.co.jp
本文記載内容 【氏名、年齢、性別】
<参考>応募メール作成のヒント:
●記入事項の応募用メールへの貼り付け
スマホから応募メールを作成する場合、次の手順で操作すると応募メール本文が記入しやすくなります。
・(応募したい日付の番号などはあらかじめメモしておく)。
・告知記事中の黄色い欄のどこか内側を長押し
・範囲指定のモードになるので、枠を調整して黄色の欄全体を囲み、「コピー」する。
・申し込み宛先のメールアドレスを押す(クリックする)
・メール作成画面が開いたら、コピーしておいた文字列を本文欄に「ペースト(貼り付け)」する。
・貼り付けた内容をベースに、メール表題各必要事項を記入する。
※お使いの機種ごとに操作方法が多少異なる場合があります。

運営人注:参加可能日が限られる場合は可能日を追記するなど、申し込みメールの文面は適宜補足されることをお勧めします。

補足■伊参(いさま)スタジオ / 伊参(いさま)スタジオ映画祭 とは
 群馬県吾妻郡中之条町に所在する映画スタジオ/合宿施設。廃校となった中学校校舎を改装、群馬県人口200万人記念映画『眠る男』(小栗康平監督)の製作拠点となったのを契機に設立。
 ヒット作『月とキャベツ』(篠原哲雄監督)『独立少年合唱団』(緒方昭監督)など多数の映画、T}Vドラマ、PV等の製作拠点として利用されている。校庭・校舎内には関係作品のロケセットや各種の映画関係資料を展示しており、見学無料。
 2001年から毎年11月に「伊参スタジオ映画祭」を開催、2003年からは全国からのシナリオ公募イベント"伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞"を実施。大賞受賞作品(中編・短編各1本)は、中之条町周辺にて映像化し、同映画祭で初公開される。
 今年の映画祭は11月24日(土)~25日(日)に開催予定。
<参考リンク>
伊参スタジオ映画祭 公式サイト | 中之条町観光協会>伊参スタジオ公園
じゃらんnet観光ガイド>伊参スタジオ公園 | 楽天トラベル「旅ノート」>伊参スタジオ公園

<運営人から>
・この告知は既知のスタッフのかたからの直接のご依頼に基づいて掲載しています。
・当サイト運営人は、この告知のみお手伝いしている部外者です。作品や募集の詳細など、告知に記載されていない情報についてはご質問いただいても回答いたしかねます。お問合せは告知中に記載されている方法に沿って、募集当事者に直接行ってください。

掲載履歴:
 2018-07-08~

新着情報は twitterfacebook、およびメルマガ(数日おき)でお知らせ中です▼
メルマガ購読・解除
 
東京エキストラNOTES / GUIDE





 募集カレンダー(撮影日別募集一覧)
GO!